離婚後の借金はどうなるのか

男性
主婦でもかりれるカードローンやキャッシングは色々ありますが、主婦専用のローンを組んでいた時など、離婚後の借金はどうなるのでしょうか。

結論から言うと、苗字が元に戻っても、離婚しても、借金を請求されるのは本人に対してのみです。
逆に、保証人になっていなければ、夫の借金を請求されることもありません。

これは、結婚している間でもいえますが、家族だから代わりに払ってほしいと言われることはあっても、保証人にでもなっていない限りは法的に支払い義務は配偶者に存在しません。
確かに、主婦でもかりれるカードローンの中には、家族の収入を入力することもありますが、これは、家族の収入合計を考えた時に、きちんと返済できるかどうかを知るために問い合わせているだけであり、代理で弁済してくれることを期待しているわけではありません。
逆に、家族の収入がなくなったことで、借金ができる金額が大幅に減らされる可能性もあります。
独身の戻ってからもきちんと借金の返済を続けていれば、業者からは特に何も言われることはありませんが、支払いが遅れてしまった場合などは、苗字や住所を変えても突き止められてしまいますので、きちんと返済を続けるようにしましょう。

主婦でもかりれる借金というのは、生活費が不足している時や急な出費があるときなど、とても便利なものではあります。
しかし、その返済の原資となるのは配偶者の収入であることが多く、離婚などの予想外の状況の変化で支払いができなくなる可能性があることも念頭においておきましょう。
現在では消費者金融や信販系では、年収のない人は融資ができないようになっていますが、銀行系ではその縛りがないため、主婦でもかりれるところがあります。
しかし、利用する時には必ず短期間で返済すること、完済できる見込みがある金額だけを借りることなどを前提として、いつ何があってもきちんと返せるように上手に利用しましょう。


このページの先頭へ