自己破産をするとどうなるのか

女性
主婦でもかりれるローンやキャッシングは以前からありましたが、現在では法改正により、無収入の人は消費者金融や信販系で借入ができなくなっています。

かといって、これまでの借金が消えるわけではなく、主婦でもかりれる先が減ったという状況ですので、家庭によっては返済が困難になったケースもあるでしょう。

主婦がカードローンを利用して返済できなくなって、自己破産を考える人も少なくありませんが、この手続きをするとどうなるのでしょうか。

自己破産の場合、ネックになるのはきちんと返済する意思があったのかと、どういった事情で借り入れをしたのかという点です。

主婦でもかりれるからといって、自分の収入に見合っていない借金をしたことに変わりはありませんので、借りたお金で何をしたかについては詳しく調査されます。

一般的にタブーとされているのは、浪費やギャンブルなどです。

これらに問題があった場合、自己破産については申立てを受理されますが、借金を帳消しにする次の手続き、免責の決定が出ない可能性があります。

そもそも、自己破産というのは借金を消す手続きではなく、返済できないという状況を確認するだけのものです。そのため、免責決定がない場合には、自己破産申立て後も変わらずに債権者から支払いを請求されることになります。

また、免責の決定がおりるおりないに関わらず、自己破産申立てをしたという事実は官報に掲載されますので、金融事故としてブラックリストに掲載されます。

そのため、今後数年間はほとんどの業者からキャッシング、ローンなどの利用を拒否されます。
車や大型家電を購入するときは、家族の誰かの名義でローンを組むか、現金一括払いをするしかありません。

また、申立てをして7年間は、再度自己破産申立てをすることはできません。

さらに、二度目以降の申し立てはかなり審査が厳しくなりますので、免責がおりない可能性が非常に高くなりますから要注意です。

主婦で返済が心配なのであれば、必要最低限のお金を借りるようにしましょう。

主婦が借りることができる銀行のカードローンは比較的金利が低いですし、初めて利用する際は無利息サービスなどを使えば、返済は借りた金額だけでいいので、必要な金額のみ借りていれば自己破産になる可能性もかなり低くなります。


このページの先頭へ