実質年率の実質とは

主婦でもかりれると言えば、消費者金融や銀行のカードローンといったものが代表的です。
主婦でもかりれるといえば、どちらかというと消費者金融のほうをイメージしてしまいますが、最近では銀行のカードローンの中にも、主婦でもかりれるカードローンというものは存在します。

消費者金融や銀行のカードローンを利用するときには、金利を考えなければなりません。
主婦でもかりれるお金を借りたときには、借りたお金(元金)だけを返済すればいいというわけではありません。

その手数料的な存在として、別途利息を支払わなければならないのです。
この利息というのはどのように決定をされているのかというと、元金に対して一定の割合で決定されています。

その割合のことを、金利と言います。
つまり利息というのは、元金、金利、借り入れ期間、これらの全てを掛け算してでた数字なのです。

ここで問題となってくるのが、金利です。
金利の表示方法には、いくつかの表示方法があります。

それは、日歩、月利、年利です。
日歩は1日あたりの金利、月利は1ヶ月、そして年利は1年あたりの金利のことです。
原則、金融機関での取引の際には年利を使いますので、日歩や月利の場合には、年利換算すればいいだけです。

もう1つ問題になってくるのが、実質年率です。
実質年率というのがあるということは、実質ではないものもあるということになります。
実質ではないもののことは、アドオン方式と言います。

では、実質年率の「実質」というのは、どういうことを意味するのでしょうか。
それは、元金のことです。
借りた金は返さないといけませんが、借りた金を貸していけば、当然ですが元金は減っていきます。

減った元金をもとに利息の計算をする方式のことを、「残債方式」といい、残債方式で計算する際の金利のことを、実質年率と言います。
一方、元金が減っていないという前提で金利を計算する方式のことを、アドオン方式と言いますが、この場合には実質年率も併記するように求められております。


このページの先頭へ