失敗しないキャッシング方法

椅子に座る人
夫が自営業などを営んでいる場合など、収入の多い月があったり、またはその逆で全く収入がない月があったり、自営業で生計を立てている家庭は浮き沈みが激しいものです。
収入が多い月にも贅沢をせず、きちんと貯蓄をしていればよいのですが、生活があると中々難しいもの。

自営業の場合は、収入額がバラバラですし、儲からない月も従業員などの賃金は支払う義務がある為、ある程度、月の支出は決まっていますよね。

その他にも、家賃や光熱費、子供の教育費など…
出費はストップすることなく毎月ありますので、収入が多い月の蓄えはあっという間になくなるものです。

そんな時、主婦でも借りられるキャッシングサービスがあれば、一時しのぎの資金とはいえ、大分助かります。

「でも、主婦ってお金を借りるのに夫の収入で借りる方法しかないんじゃ…?」と、夫への優しさとして、お金を借りるのを夫や家族にバレたくない!と悩む主婦の方が多いようです。
ですが、実はバレることなくお金を借りることができるところがあるのです。

総量規制により、主婦の方がお金を借入するところは限られていて、消費者金融からは借りることができません。
ですが、銀行ならば、主婦の方でも借入が可能となっています。

主婦の方でも借入が可能であっても、やっぱり不安なことはありますよね。

そんな、主婦でのキャッシングで失敗しない方法をまとめてみました。

 

キャッシングを失敗しない方法とは?

主婦でも借りられるキャッシングで失敗しない方法は、やはり、「足りない部分だけ補填する」スタンスを貫くことです。

主婦の方が借りられる限度額は大体50万円以内と、一般の限度額よりも少額で設定されています。
ですが、ついつい贅沢をしたくなって、「こんなに借りる予定なんかなかったのに…」なんてことも。

まず、キャッシングを失敗しない一番の方法として、キャッシングは借金だということを必ず頭に入れて忘れないようにしましょう。
次に、借入の前に必ず計画を立て、決められた期日までに返済できる額を借入するようにしましょう。

「借りたのはいいけど、返せなくなった。」となると、ブラックリストに載る可能性もあります。
ブラックリストに載ってしまうと他のローンを組む際に影響が出てしまう場合がありますので、そんなことにならないように、自分に見合った額での借入を計画立てることをおすすめします。


このページの先頭へ