キャッシングの時効について

主婦でもかりれるキャッシングのサービスはいくつかあり、便利になってきていると言えるでしょう。
主婦の場合には、収入がないわけですから、借りるためにはいくつか工夫が必要となってきます。

貸金業者は貸金業法で総量規制が導入されたために、借りにくくなっているというのが現状です。
総量規制では、年収の3分の1までしか借り入れできないと定められています。
ですから、主婦の場合には、キャッシングで借り入れのできる金額は0円となってしまうわけです。
総量規制は貸金業法の規制ですから、消費者金融などには適用されるのですが、銀行は対象外となっています。
ですから、銀行であれば借り入れしやすいという傾向はあるでしょう。その場合でも配偶者の収入がないと借り入れができない場合もあるのです。

主婦でもかりれるキャッシングのサービスは充実していますが、主婦でもかりれるを利用して返済できなくなる人もいます。
そのときに、踏み倒すことができないかと考える人もいるようです。
時効というルールが日本にはありますから、これを利用すればキャッシングに返済をしなくても良いというように、よからぬ事を考える人もいますが、現実的には不可能だと考えておきましょう。
法律的にはできないこともないわけですが、そうならないようにキャッシング会社も工夫をしています。

たしかに、5年で時効が成立すると民法には定められています。
しかし、中断する時効も定められています。5年間督促や催促などが一度も行われなかった場合には時効が成立するのですが、キャッシング会社も時効が成立しないように、きちんと督促や催促を行います。
ですから、主婦でもかりれるを利用すれば、簡単には踏み倒すことができないと考えておきましょう。
借りたものをきちんと返すというのは、当然のことですから、キャッシングを利用した場合には返済できるような計画を立てなければなりません。


このページの先頭へ